FC2ブログ

YUCARIさんの言葉!新潟のみんなに聞いてほしい。 「光とは何か」

私のブログを読んでくださって有難うございます。
今朝のYUCARIさんの記事が
ずっと私が感じていたこと、
昨日のセミナーで感じた事とシンクロしていました。

「真の光を理解し、自ら求めていくこと」への
ためらいを解放するヒントになるかと思います。

抜粋、リンクを貼っておきますのでぜひお読みください。


o0750100014209521082.jpg

YUCARIさんブログ「光とは何か。闇より光が勝るとき」




昨日は私が初めて担当させて頂き
「エンジェルチューナートリートメント」セミナーを開催いたしました。


IMG_2689.jpg



出逢ってすぐに開催リクエスト下さった方
「ずっと興味があった」
という方が再受講の方と一緒にご参加くださいました。


新潟はまだまだ
 「光」を必要としている土地です。

北国気質がありますから
「光」とは何かを理解している人も少ないかもしれません。

あるいは
それを意識してしまうとかえって苦しいから
あえてそこを直視しないでいるのかもしれないと思っています。

かつての私がそうでしたから。


でも、あきらめてしまいそうになるたびに
何かのアクションがおこり
こんな頼りない私でも
皆さんのために何かをお伝えするお役目が出てきます。


私流「神の采配」



最近はその流れが急速に高まっています。




今朝のYUCARIさんのブログをぜひ読んで頂きたいんです。

ブログの仕様が違うので、簡単にリブログできませんが
リンクを貼っておきます。

西の地、熊本で活動されている美鈴さんのブログも引用されています。


昨日
「同じレベルでスピを語れる仲間を持つ、って
 貴重なんだよ!」

とお話しました。




~ YUCARIさんブログ ~

光とは何か? 闇より光が勝るとき
2018-06-12 08:26:51NEW !
テーマ:YUCARIの寝言


→ ブログ全文ははこちら


(抜粋)

行為を伴った超えなくてはならない意識レベル。

それは本を読むようには行きません。

脳は頭の中にあるのではありません。

全身に行き渡る神経(神に至る糸)が脳です。



理屈で理解することと、

体験を経て経験を積むことでは

エネルギーの発達が数段に違うのです。



頭の理解はハートを開くことができない



人に馬鹿にされても、

体験し経験を積み、

エネルギーを変化させ、

真から理解をしていく道



これがエネルギーワークには欠かすことができない、、

ということを、私はいつもみんなに話していることです。





人には光の要素が少ない、、

というのを理解していますか?




そうです、人は光ではありません。

もちろん光はありますが、

光を表現しません。



これは、私が生きてきて感じた事。

私は、育つ過程で自分自身の光と闇を感じ取りました。

普通人々は、多分そこにフォーカスせず、

理解して生活していないんじゃないか、、と思います。



私は育つ過程で、

自分の闇を感じ取り14歳の時に大きくシフトしています。



人は、日常で光を出して生活していません。

生活するに光は必要ないからです。

社会システムも、教育も真に光を育てません。

育たないように子どもを成長させています。



組織もそうです。

大きな社会的組織であればあるほど

光は必要でなく、光を避けます。



ほとんどに人がそうでしょう!!

ですが、人間が人として完成していく過程には光が必要です。



私は、人の闇性に反応し、

光を出さない条件に対して反応してしまうのです。



そこが沸点に達すると、

大きなアクションを起こしてしまう私の性質に対して、

避けたくなってしまうのだと思っています。



ですが、光は今最も必要とされていまし、

最も必要であるから、現在多大な光がCRAに届いています。

受け取った方は、それを事実として知るので、

CRA healing methodに入られて来るのです。





光を放つ



消えそうな灯火を燃え立たせるのは光でしかありません。

結局は光でしか人を成長させることはできません。





地球に来ているタイムリミットはみんな持っています。

何のために肉体を持ったのですか?

あなたは?


(引用・抜粋ここまで)



光を求める皆さん!

微力ですが、
私、お手伝いします。

「こういうことが知りたい」
「このセッション受けてみたい」
「エネルギーで守られるお洋服が着てみたい」

       ↓

などなど!

リクエスト大歓迎ですよ!
待っていないで、連絡くださっていいんですよ。
「この講座に興味あります」ってお声を頂くと
とっても嬉しいです。



また1人
光を求める仲間に出会えたようで。



CRA新潟スクール

アンフィニへのお問い合わせはこちらから


光のさす森
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts