変化はあとからついて来る スピ茶会2回目

今日のテーマは「かぐや姫の正体」「桃太郎」にあって「かぐや姫」にないものは?私は「人」?「神」? それとも・・・など、平安貴族の時代から日本人がどのように言霊(ことだま)を操ってきたのかを具体的な例をあげながら時代をタイムトリップして体験して頂きました。「言霊(ことだま)」の使い手として日本人ほど得意とする民族はいないかもしれないですね。わかりやすく具体的に体感して頂くために選んだ「竹取物語」には...

ママは自分の事を後回しにしがち。それはドクターも同じ。

でもお医者様だって人間です。ご自分のメンテナンスを受けることで元気になることがあるのなら・・・現役医師であり母でもある一人の女性が命に関わる病を宣告され、手術。一年ほどで再発につぐ再発で、みるみる痩せていった身体!もともとすごく細い身体が信じられないほどの細さになっても医療のプロとして、冷静に現実的に暗い顔ひとつ見せることなく何度目かの手術に臨んだ一人のクライアント様のご自宅に伺って一個クリボウブ...

月の光をまとうように

しばらくぶりの、新作。5月の新月にインスパイアされて。これは、お石の中から幻想的な青い光が輝きます。人工石なので普段使いできるように作りました。レザーバンドでクルッと回して、留め金がアクセントデザインになってます。今回の新月はおうし座で物質的な豊かさや、美しさ、ぜいたくさ、がテーマです。頑固さや、決まりきったパターンを手放して新しい視点で何かを始めるのにもいいタイミング。だから普段と真逆のコンセプ...

スピ茶会第2弾。「かぐや姫の正体は?」

お待たせしました。リクエストを頂いておりましたスピ茶会第2回目のご案内です。今回のお題は「かぐや姫の正体は?」今は昔、竹取の翁(おきな)といふ者ありけり。幼い頃だれもが一度は読んだ美しいお話ですね。大好きです最古の物語だとも言われますがその姫にモデルがいた!?まさか実在の人物!?・・・さて、どうなんでしょうね~(笑)そしてあなたの「かぐや姫度」は???古代の日本では「言(こと)」は「事(こと)」であ...

深夜の高速で、あわや正面衝突。近づいてきた不気味なものの正体は?

これは数年前私のイトコが体験した実話です。まさに九死に一生!何かに守られるというのはあるんですよね。両親が共働きだった私は、伯母の家で育ちました。ここに出てくるイトコは、私にとっては姉兄のような存在ですがこの家の長男のお嫁さんのお母様が亡くなった時の話です。・・・・・・・・・・◆◆◆・・・・・・・・・兄嫁の母が亡くなったと連絡をうけたイトコのYは仕事帰りにそのまま車でG県へ向かいお悔やみをすませ帰路...

見えない世界を甘く見ると・・・( ゚Д゚)

遠隔ヒーリングもスピリチュアルブレス作成もしばらく完全にストップしてました。ブログさえアップできませんでした。その理由は・・・ヤバかったんですよね。何かが私の中心軸と離れた所で回り始めたというか手足の動きが合ってない感じというかちょっと変でした。photo credit: day 017. via photopin (license)初めてのことじゃないし、理由もわかってたから動揺することもなく仕事も家事も普通にこなしてたから誰も気づかなか...

とろけるように酔わせてくれる。何なの!この酒は・・・?

 お酒ですから、ちゃんと個性と味わいがほしいですよね。でも重たくて明日に響くのはイヤ。お料理の邪魔にもならないのがいい。                   ↑そんな方!すごいの見つけちゃいました。「音響熟成」のお酒たち。もう10年以上飲んでない私が、とろけました。ある方からのなんとも粋なはからいで日本酒・焼酎・奄美黒糖焼酎の3本が届いたんです。長旅だったボトルたちは一晩ゆっくり休ませて「水」の日...